読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外と知らない?ニューデリーにある観光地まとめ!

f:id:junya1122:20160627002648j:plain

過去記事

 

1.BBQから夢の国という幸せの黄金ルートを開拓した話。 - それでも僕はバカだった。

2.沼袋でどこよりも豪華な海鮮パーティーが開催された話。 - それでも僕はバカだった。

3.7つの魔法!インド旅が楽しくなるヒンディー語をお伝えしよう。 - それでも僕はバカだった。

 

 

インド。

2ヶ月半も滞在したインド。

留学をしていたためあまり遠くへの観光地

は行くことができなかった。

 

しかし、僕は発見した。

ニューデリーたくさんの観光名所があることを。

遠くに行かなくても十分に満足出来る。

 

なので、今回はニューデリーにある観光地について紹介していこうと思う。

 

①ラールキラー

f:id:junya1122:20160626235610j:plain

 
場所
Chandni Chowk駅で下車。
そこから徒歩5分程度。
 
入場料
Rs250
 
説明
レッドフォート(Red Fort)の意味を 持ち、
赤い砂岩で築かれた城壁で囲まれている。
入場料が高いとお思いの方は外から見るだけでも十分。
 
 
どこまででも続く赤い城壁は見事。
駅から歩いて近いということもあり、多くの観光客で賑わっていた。
 
外人から『一緒に写真を撮って!』
と言われる機会が非常に多くあるのだが、
そんな時はいかにも有名人になったかのような
気持ちで写真を撮ると
なんとなく気持ちが高ぶるのでオススメ!
 
②ジャマー・マスジット

f:id:junya1122:20160626235919j:plain



場所 
ラールキラーから歩いて15分。
オートリキシャで5分。
 
料金
無料
(カメラ持ち込み料300Rs.携帯含む)
 
説明
インド最大の規模を誇るモスク。
イスラムの休日である金曜日に集団礼拝が行われる。
僕が訪れた時は、金曜日であったため入場して
30分ほどで外に追い出されてしまった。
 
30分で300Rsはお高いのではないか。
教えてくれてもいいじゃないか。
 
ラマダーン(断食)の最終日はここに集まってラマダーンが終わること喜ぶ。
その時の熱気は本当にすごい。
 

f:id:junya1122:20160627000031j:plain

  
中に入る前に見ることのできる廊下と装飾。
庭と空のコントラストがすごく惹かれるものがある。
 

f:id:junya1122:20160627000144j:plain



そこで出会った青年たち。
本当にインド人は人懐っこい!
そういえば今度日本に行くと言っていて、
どこ行くのって聞いたら、
『大阪!だって大阪の人フレンドリーだしインドみたいじゃん!』
っと言ってました。
 
 
インド=大阪とざっくり想像するといいでしょう。
  
③インド門

f:id:junya1122:20160627000319j:plain

 
場所
Chowri Bazar駅が最寄り駅
コンノートプレイスからトゥクトゥク10分程度。
  
料金
無料
 
説明
大統領官邸前からずっと続く綺麗な道を進んでいけばインド門に着きます。ここは本当にインドなのだろうか?と思うほどの道とインド門の壮大さに驚かされます。
 

f:id:junya1122:20160627001025j:plain

 

インド門のすぐそばにある池?川?みたいな所で遊ぶ子供たち。
神聖なインド門の隣ではこのような光景が毎日見られます。
 
どうやったらこんなに水が緑色になるのだろうか。
 

f:id:junya1122:20160627001115j:plain

インド版ウォーターボーイズが見られるかもしれませんよ。
にしてもいい体してんなぁ~。
 
④フマユーン廟

f:id:junya1122:20160627000747j:plain 

場所
インド門からトゥクトゥクで10分
JLN Stadium 駅から徒歩15分
 
料金
250Rs
(インド人はチケットを買うために列を作って並んでますが、並ぶ必要はありません。観光客は並ばずに右手から前に進み、外国人専用チケットカウンターから購入できます。)
 
説明
タージマハルよりも小さいが、イスラム建築の傑作。
その姿はタージマハルと似ている。
デリーにいながらタージマハル似の遺跡を堪能したい方はこちらまで。
 

f:id:junya1122:20160627001307j:plain

 
ジブリに出てきそうな遺跡の登場。
外壁に登って移動できたり、様々な遺跡が一箇所に集まっているのでコスパは最強説がある。
(僕の中で。)
 

f:id:junya1122:20160627000743j:plain

 
近くに寄るとこんな感じ。
巨大すぎて、神秘すぎて、圧倒されること間違いなし。
 
⑤5つ星カリームホテル

f:id:junya1122:20160627001700j:plain

場所
ジャマー・マスジットから徒歩5分。
かなり奥の方に行くので分からない時は
インド人に聞いて回りましょう。
 
料金
1人300~400Rs
 
説明
5つ星であるカリームホテルなのですが料理の料金はそんなに高くない。むしろ手頃でなおかつ味は間違いなし!  少しバックパッカー的には高いですが、 ご褒美としてどうでしょうか?
 

f:id:junya1122:20160627001648j:plain

 
 
カリームホテル一押しのmutton curry(羊のカレー)
臭みがあるとかよく言いますが、あまりそういう感じはせず、
美味しかったです。
カレーという感じはあまりしませんでしたが。
そのほかではbutter chicken curryも美味しかったです。
  
⑥チャンドニー・チョウク

f:id:junya1122:20160627001825j:plain 

場所
ラールキラー付近。
ラールキラーからジャマー・マスジットに向けての道の途中にあります。
 
説明
簡単に言えばバザールです。
有名なのはニューデリー駅前のメインバザールですが僕的にはそっちよりもこちらのはバザールの方が好きでした。
 

f:id:junya1122:20160627001843j:plain

 

靴を靴の上に重ねて展示するといった斬新なやり方。
 
片方の好きな靴を見つけたとしても
もう片方の靴を探すのに苦労することでしょう。
 

f:id:junya1122:20160627001853j:plain

 
よくわからないラスクのようなもの。
食べようと試みましたが、食べる前に大量のハエ
たかってるのを見て食べる意欲が失せたのはここだけの話。
こんなに積まなくてもいいのに。。。
 
 
どうだったでしょうか?
このほかにもニューデリー駅前にあるメインバザール、またクトゥブミナールという世界遺産も。
一つ一つが近いので半日もあれば全てを周りきれると思います。
インドに来た際にはタージマハルなどの有名どころもいいですが、
ニューデリー観光もいかがでしょうか?
 
 
 
以上、
意外と知らない?ニューデリーにある観光地まとめ!でした。